病気といってもいろいろ、病気本人、それを支える家族などなど、あらゆる角度から撮られた映画をご紹介します。

今回は洋画編です。

▼邦画編がみたいかたはこちらへ▼

病気をテーマにしたおすすめ映画。邦画編。

 



 

私の中のあなた

あらすじ

白血病の姉に臓器を提供するドナーになるため、遺伝子操作で生まれてきた11歳のアナ。アナは何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母親サラは、愛する家族のためなら当然と信じてきた。ある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす。

監督:ニック・カサヴェテス

出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック

2009年10月9日公開

アラコ

闘病について、姉妹について、家族についていろいろ考えさせられるある意味問題提起の映画。病気をテーマにした映画としては珍しい切り口ながらも傑作だと思います!

マイ・ルーム

あらすじ

実家から離れて暮らしていたリーは、二人の息子を連れて20年ぶりに実家に戻ってくる。姉のベッシーが白血病にかかっていて骨髄移植の検査をうけるためだった。ベッシーは重病に冒されながらも寝たきりの父と叔母の面倒を献身的に続けていた。そんなベッシーをみて、リーも長男のハンクも生き方を改め心を開き始めるが。。。

監督:ジェリー・ザックス

出演:メリル・ストリープ、レオナルド・ディカプリオ、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ

1997年2月8日公開

アラコ

白血病を扱うこの映画だけど病気のことだけでなくほんとに奥深い。2回目みてそう思いました!ディカプリオも若くてカッコいいです♡

50/50(フィフティ・フィフティ)

あらすじ

酒もたばこもしない陽気な青年アダムは27歳でガンに。5年の生存率は50%と宣告される。職場の同僚や恋人、家族が自分を病人扱いして神経質になっていく中、悪友のカイルだけはいつもどおり接してくれていた。何とかガンを笑い飛ばそうとするアダムだったが、刻一刻と悪化していく病状に動揺を隠せなくなっていく。。。

監督:ジョナサン・レヴィン

出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード

2011年12月1日公開

アラコ

遺伝子が原因で珍しいガンになった青年の映画。ガンの映画としては重すぎず暗すぎず音楽も豊富です、上映時間も短めなのでみやすいと思います。

17歳のエンディングノート

あらすじ

白血病で余命宣告を受け、17歳になったテッサは引きこもりの日々を過ごしていたが、死期が迫っていることを悟る。残りの人生を精一杯生きようと、死ぬまでにしてみたいTO DO リストを作る。作成したリストの内容を実行していく中で、隣に引っ越してきた青年アダムと恋に落ちてしまい。。。

監督:オル・パーカー

出演:ダコタ・ファニング、ジェレミー・アーヴァイン、パディ・コンシダイン、オリヴィア・ウィリアムズ

2013年4月27日公開

アラコ

17歳の少女が白血病で余命わずかという映画。ダコタちゃんはかわらず天才でした。やりたいことリストは人それぞれだしね。。。ストーリー自体はシンプルです。

アイ・アム・サム

あらすじ

7歳の知能しか持たない知的障害をもつ父親サムは、働きながら1人で愛娘ルーシーを育てていた。母親はルーシーを生むとすぐに姿を消してしまったが、ふたりは理解ある人々に囲まれて幸せに暮らしていた。しかしルーシーが7歳になることには父親の知能を超えてしまうため養育能力なしと判断されルーシーを奪われてしまう。サムは弁護士リタのもとを訪ねるが。。。

監督:ジェシー・ネルソン

出演:ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、ダコタ・ファニング、ダイアン・ウィースト

2002年6月8日公開

アラコ

知的障害者の父と娘の愛の物語。ショーン・ペンとダコタちゃんの名演あって心温まる傑作!とにかくダコタちゃんが可愛すぎてそれだけでも釘付けになってしまいます。こんなにかわいくて実力もある子役は今後もでない。

永遠のぼくたち

あらすじ

主人公イーノックは、両親を亡くし叔母と二人で暮らし、幽霊のヒロシが彼の話相手だった。高校にも行かず、見知らぬ人の葬儀に出続ける日々を送っていた。ある葬儀でアナベルという少女と出会い、次第に距離を縮めていくが、アナベルは病気が再発し余命わずかだと。。。イーノックが葬儀に出ていたわけは。。。死に向かうアナベルとの関係は。。。

監督:ガス・ヴァン・サント

出演:ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラ―・フィスク

2011年12月23日公開

アラコ

ここでは不治の病ということで病気の詳細は出てきません。死に向かう少女と、死に興味のある少年。全然重くなくてとってもさわやかでかわいらしい映画です。洋画だけど加瀬亮も英語で出演してます。

英国王のスピーチ

あらすじ

1934年ヨーク公は、エリザベス妃に見守られ、父上であるジョージ5世の代わりに演説を行ったが、吃音のため散々な結果となってしまい国民も落胆する。エリザベスはヨーク公を説得してオーストラリア出身のライオネル・ローグのオフィスへ向かう。独自の手法で治療する彼だが、王族に対してあまりに無礼なため中断して帰ろうとするが、「ハムレット」のセリフを朗読させられることになる。

監督:トム・フーバー

出演:コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ

2011年2月26日公開

アラコ

吃音という病なので、ストーリー全体としては他の病気テーマの映画より明るくてみやすいです。実話だしアカデミー賞も受賞しているので見てない方はぜひ。おすすめです。

マイ・ベスト・フレンド

あらすじ

幼いころから大親友のミリーとジェス。お互いのことは何でも知ってるし、どんなことでも一緒に体験してきたふたり。ある日、ミリーが乳がんに侵されていることが分かる。一方ジェスは不妊治療を行ってきたがついに妊娠するが、命に関わる重病を負うミリーになかなか言い出せずにいた。ミリーの治療によってそれぞれの関係も変わってきて。。。

監督:キャサリン・ハードウィック

出演:トニ・コレット、ドリュー・バリモア、ドミニク・クーパー

2016年11月18日公開

アラコ

自分は不妊治療から妊娠、親友はがんで子どももいるという状況。自分と年も近い?だけあって涙が止まりませんでした。。。

マイ・フレンド・フォーエバー

あらすじ

エリックの家の近くにデクスターという少年が引っ越してきた。デクスターはHIVに感染していた。エリックは最初は警戒するものの次第に打ち解けあい友情を深めていく。ある日、ニューオリンズで「エイズの特効薬が見つかった」というゴシップを目にし、ふたりはニューオリンズへ繋がっている川を下る旅に出る。しかし途中でトラブルが発生してしまい。。。

監督:ピーター・ホルトン

出演:ブラッド・レンフロ、ジョゼフ・マゼロ、アナベラ・シオラ

1995年8月12日公開

アラコ

HIVに感染した少年と健康な少年の友情物語。あの若さでお互いの状況をどう理解したのか。。。子どもだからこその向き合い方もあったのかも。わたしもはじめて映画館でみたときはまだ幼かったけど今でも覚えてるくらいみてよかった映画です。

私の頭の中の消しゴム

あらすじ

社長令嬢のスジンと工事現場で働くチョルスは育った環境はちがうものの、互いに惹かれあい結婚する。幸せな日々を送っていた矢先、スジンが若年性アルツハイマー病に侵されていることが判明する。徐々に記憶障害が進行し、肉体的な死よりも精神的な死が先に訪れる病気だった。スジンの記憶は日々失われ、ついには夫チョルスのことさえ消えていく。。。

監督:イ・ジェハン

出演:チョン・ウソン、ソン・イェジン

2005年10月22日公開

アラコ

若年性アルツハイマーというとても衝撃的な韓国映画。アルツハイマーに若くて美しい2人が立ち向かうという切ないラブストーリーです。

君に読む物語

あらすじ

認知症を患い、過去を思い出せない老女に読み聞かせている物語の物語。

物語は1940年、青年ノアは一目ぼれしたアリーを強引にデートに誘い、映画をみたり、話をし、次第に惹かれあい愛し合う。しかし、アリーは夏の間別荘に来ている大富豪の娘、ノアは木材加工所で働く肉体労働者、アリーの母親は交際を認めず早々に別荘を去ってしまう。ノアはアリーと話した夢を実現させたらアリーとまた愛し合えると思い努力する。。。

監督:ニック・カサヴェテス

出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・マースデン

2005年2月5日公開

アラコ

物語全体としては病気とはほぼ関係ないのですが。。。好きな映画なので入れてみました。アルツハイマーの女性に男性が昔の想い出を話しているという設定です。ジャンルはラブストーリーです。

マイ・フレンド・メモリー

あらすじ

体は大きいが繊細な性格で引っ込み思案の少年マックス。ある日、マックスの隣の家にケビンという少年の一家が引っ越してくる。ケビンはマックスにない快活さを持っていた。ふたりは急速に仲良くなり、学校のいじめっ子たちもふたりで協力して撃退する。しかし、ケビンはモルキオ症候群という難病を患い余命いくばくもない体だった。。。

監督:ピーター・チェルソム

出演:エルデン・ヘンソン、キーラン・カルキン、シャロン・ストーン、ハリー・ディーン・スタントン

1998年12月26日公開

アラコ

何もかもが正反対のふたりの少年。子どもは純粋すぎてとても暖かい気持ちになりつつも涙が止まらない最高傑作だと思います!

以上です。

がん・白血病・アルツハイマー・知的障害・HIV・吃音に加え珍しい難病をテーマにした映画をご紹介しました。

少年や20代までの若者のストーリーが多目になってしまいましたが。。。ちょっとずつ増やしていきます。

ありがとうございました!