今回は邦画のシリアス映画をご紹介。

とことん落ちる映画から、いろいろ考えさせられる映画まで!

気になるものがあればぜひみてみてください。



 

2018年最新作!万引き家族

あらすじ

治と息子の祥太は万引きを終えた帰り道で寒さに震える幼い女の子を見かけて家に連れて帰る。見ず知らずの子どもと帰ってきた夫に困惑する信代は、傷だらけの彼女をみて世話をすることにする。信代の妹の亜紀を含めた一家は、初枝の年金を頼りに生活していたが…

監督:是枝裕和

出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、城桧̪吏、樹木希林

2018年6月8日公開

アラコ

重いけど重さよりも深さ。まさにタイムリーな社会問題をいくつも書かれていて『万引き』だけではないストーリー。さすがの是枝監督だなと思いました。

人魚の眠る家

あらすじ

会社経営者の和昌と妻の薫子は2人の子どもがいるが現在は別居中。ある日、娘の瑞穂がプールで溺れて意識不明になり脳死と判断される。臓器提供を希望するか、このまま死を待つかの選択を迫られる夫婦だったが、悩んだ末に臓器提供を決意する。しかし薫子が一瞬だけ瑞穂の手が動いたのをみて提供をやめる。和昌の会社が開発した最先端技術を駆使した延命治療が始まり眠ったまま成長していく瑞穂だったが…

監督:堤幸彦

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加

2018年11月16日公開

アラコ

半分くらい泣いてた映画。母親の愛と後悔が怖すぎて自分と置き換えたらとかそんな想像すらできないくらい重い。途中の日本の法律の答えが気になるところ…

追憶

あらすじ

富山県警捜査一課の四方篤、東京で小さなガラス会社を経営する川端悟、立派な田所興行の社長田所啓太の3人は、幼いころに共通の秘密を持った。その25年後、悟が刺殺体となり篤の前に。。。篤が捜査する中で、啓太が容疑者として浮上する。篤と啓太は再会を果たすものの、啓太は何も語らない。。。

監督:降旗康男

出演:岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ

2017年5月6日公開

アラコ

そこまで重すぎる内容でもなく、99分の映画がしっかりまとまってます!特に中盤以降は引き込まれ、終わり方も珍しいパターンな気が。。。岡田くん、小栗旬2人とも食わず食われずでさすがだなと思いました!

愚行録

あらすじ

週刊誌記者の田中武志は、妹・光子が育児放棄で逮捕されるという問題を抱えていた。そんなとき、誰もがうらやむ一家が何者かに惨殺されてから1年を迎えようとしていた。武志は、その真相を再び追おうと、友人や関係者に話を伺ううちに、一家の意外な一面を知ることになる。一方光子はカウンセリングを受けることになった。

監督:石川慶

出演:妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介

2017年2月18日公開

アラコ

これはとことんおちる。。。ラストも衝撃的!!でもこういう人たちいるな~と思いつつ、満島ひかりに脱帽!そして内容とは反対に不快感を残させない妻夫木くんの魅力を再確認♪

怒り

あらすじ

「怒」の文字が残された八王子夫婦殺人事件が起きるが、1年たっても犯人がつかまらない。そして、各地に現れたなぞの男が3人。洋平と娘愛子の暮らす千葉の漁港に田代と名乗る男が現れ愛子と恋仲になる。大手通信会社に勤める優馬は、仕事に忙殺され、男と一夜限りの関係を続けており、ある日新宿で直人と出会う。母親に振り回され沖縄の離島に移り住んできた高校生の泉は、無人島でバックパッカーの田中と遭遇する。

監督:李相日

出演:渡辺謙、森山未來、綾野剛、松山ケンイチ、妻夫木聡、宮﨑あおい、広瀬すず

2016年9月17日公開

アラコ

3人の謎の男の誰が犯人なのか!?ぜひ推理しながらみてください。ストーリー・編集ともにすごくよくできた映画。メンツの組み合わせも新鮮なかんじがしてよかったです。

告白

あらすじ

とある中学校1年B組、終業式後のホームルームで教壇に立った担任森口悠子が静かに語り出す。「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」と。。。教室内は一瞬にして静まり返り、この衝撃的な告白から担任教師の復讐がはじまる。

監督:中島哲也

出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生

2010年6月5日公開

アラコ

湊かなえさん最高なミステリー映画。松たか子だからこそここまでの映画になったと思います。映画・原作ともにおすすめです。

さまよう刃

あらすじ

長峰は突然最愛の娘を亡くしてしまう。ある日、娘を殺した人物の名前と居場所を偶然知った長峰は犯人の少年を一人殺害してしまう。後日、もう一人の犯人を追う長峰から少年法への憤りをつづる手紙が警察に届く。長峰を追う捜査本部の織部は法と正義のはざまでやるせない思いを抱いていた。

監督:益子昌一

出演:寺尾聰、竹野内豊、伊東四朗

2009年10月10日公開

アラコ

本当にやるせない。。。父親も警察もみていてはがゆい気持ちにしかならない。。。東野圭吾さんの原作もおすすめです♪

そこのみにて光輝く

あらすじ

仕事もせず散歩やパチンコをして日々暮らしていた達夫は、パチンコ屋で偶然会ったフレンドリーな青年拓児と出会う。そのまま拓児の家に一緒に向かうが、家はバラック小屋、寝たきりの父に、お世話をする母、そして姉の千夏がいた。達夫と千夏は互いに惹かれあうがお互いに秘密があった。

監督:呉美保

出演:綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉

2014年4月19日公開

アラコ

『じゃぁどうしたらいいの!?』って思う。。。題名どおりの内容。出演してる人みんな実力派でみごたえあります。

八日目の蝉

あらすじ

妊娠するも、相手が結婚していたため出産をあきらめるしかない希和子は、ちょうど同じころに産まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡してしまう。しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で幕を閉じる。本当の両親にわだかまりを感じながら成長した恵理菜は大学生になったが、家庭を持つ男の子どもを妊娠してしまう。。。

監督:成島出

出演:永作博美、井上真央、小池栄子

2011年4月29日公開

アラコ

重すぎ怖すぎの映画。永作さん・井上真央ちゃんが熱演!複雑な気持ちでいっぱいになります。

凶悪

あらすじ

ジャーナリストの藤井は、死刑囚の須藤が書いた手紙をもって刑務所に面会に訪れる。須藤の話の内容は、自らの余罪の告白と、すべての事件の首謀者である男の罪を告発する衝撃的なものだった。藤井は上司の忠告を無視して事件にのめり込んでいく。。。

監督:白石和彌

出演:山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー

2013年9月21日公開

アラコ

ピエール瀧が本当に不気味すぎる。メンツそれぞれの存在感がすごすぎます。山田×リリー×ピエール=最強です。

容疑者Xの献身

あらすじ

惨殺死体がみつかり、女性刑事内海は先輩と事件捜査に乗り出す。捜査を進めていくと被害者の元妻が容疑者としてあがるが完璧なアリバイがあり捜査は難航する。一方、元妻の隣人は物理学者湯川の大学時代の友人石神であることが分かった。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件に関わっているのではないかと推理するが。。。

監督:西谷弘

出演:福山雅治、柴咲コウ、松雪泰子、堤真一

2008年10月4日公開

アラコ

ただただ切ない。シリーズ見てなくてもこの映画だけはぜひにみてほしい。シリーズ一番のおすすめです。福山雅治というよりは、堤真一と松雪泰子の映画です!

私は貝になりたい

あらすじ

本土の防衛のため従軍していた清水豊松は、終戦を迎え家族の元へと帰ってきた。平凡でも幸せな家族との日々を暮らそうとしていた矢先、B・C級戦犯として逮捕されてしまう。豊松の銃剣がアメリカ兵捕虜の腕をかすめたという。ただそれだけのことだったが、裁判で死刑の宣告を受ける。。。

監督:福澤克雄

出演:中居正広、仲間由紀恵、柴本幸、平田満、草彅剛

2008年11月22日公開

アラコ

昔はこういうことがいっぱいあったと思うのですが…『貝になりたい』理由が重すぎる…

悪人

あらすじ

若い女性保険外交員の殺人事件が起きる。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員清水祐一が真犯人として浮かび上がってくる。祐一はたまたま出会った光代を車に乗せ、警察の目から逃れるように転々とする。そして、次第に二人は強く惹かれあうようになる。。。

監督:李相日

出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生

2010年9月11日公開

アラコ

『誰が本当の悪人なのか。。。』その言葉をかみしめる作品なのでぜひ考えながらみてください。犯罪ってただ1つの事件じゃないなとつくづく思う。

重力ピエロ

あらすじ

遺伝子を研究する泉水(いずみ)と、芸術的才能を持つ春の二人の兄弟は、仙台で起こる連続放火事件に興味をもち、二人で調べ始める。その中で、遺伝子とグラフィティアートが事件のポイントであることをみつける。しかし、事件に深く踏み込んだことで、家族の悲しい過去にも近づいていく。。。

監督:森淳一

出演:加瀬亮、岡田将生、吉高由里子

2009年5月23日公開

アラコ

兄弟間、家族間の重すぎる事実。。。さすが伊坂幸太郎だなと思います。あるシーンが今も忘れられません。。。

以上です。

完全に暗い内容ばかりですが、ひとりでじっくりみてほしい映画を集めました!

 

▼シリアス映画洋画はこちら▼

重い内容がずしんとくるおすすめシリアス映画!洋画編!